診療内容

食道

 食道疾患は、経験豊富なスタッフによるチーム医療方式で診療を行っています。食道癌の手術では、通常の手術方法から体にやさしい鏡視下手術など最新の手術法も取り入れています。手術後は専門的な呼吸循環管理を行うために集中治療室との連携体制を整えています。手術以外の治療法では、内視鏡治療、放射線治療、化学療法などがあり、内科、放射線科と共同で総合的に行っています。また、食道炎、食道裂孔ヘルニア、アカラシアなどの良性疾患の治療も外科的治療だけでなくさまざまな方法で行っています。

胃、十二指腸

 腹腔鏡下手術を積極的に行っています。これは、腹壁に数ヵ所小さな穴を開け、腹腔鏡と電気メスなどを入れてモニター画像を見ながら行う方法で、従来の開腹手術に比べて、術後の回復が早い、食事が早くから摂取できる、術後の痛みや出血も少ない、美容的にも傷痕が小さいなど、患者さんにとって多くの利点があります。
 胃癌については、ガイドラインに沿って、患者さんに最適な治療を提供します。もちろん、スタッフの技術は一流です。これまでの治療成績が証明していると思います。ご心配の点があればご遠慮なく相談下さい。
 胃癌のほか、胃・十二指腸潰瘍については、その発生原因の予防、診断から個々の患者さんの病態に応じた治療までオーダーメイドの診断、治療を行っています。さらにヘリコバクター・ピロリ菌の診断、除菌治療も行うとともに、早期胃癌の内視鏡的粘膜切除術や胃癌の進行度に応じた外科手術を行っています。

小腸、大腸、肛門

 対象疾患は小腸腫瘍、クローン病、潰瘍性大腸炎、大腸癌、内・外痔核、痔瘻、直腸脱、腸閉塞など多岐にわたります。大腸癌手術では自律神経温存や肛門機能温存を考慮した手術のほか、腹腔鏡補助下手術、内視鏡的粘膜切除術、経肛門的マイクロサージャリーなど低侵襲手術や非開腹手術など個々の癌にあったオーダーメイド手術を行っています。中でも腹腔鏡下手術をはじめとする非開腹手術は、術後の疼痛が少ないだけでなく、腸がおなかの傷に癒着して起こる腸閉塞の可能性が低くなり、患者さんの身体への負担が軽減されます。
 大腸癌肝転移例では肝切除術後の肝動注と全身化学療法の併用により良い成績が得られてます。内痔核・直腸脱に対して従来の方法に加えて、新しい治療法であるPPH療法も行なっています。

肝、門脈、脾

 肝がんを中心とした肝臓の病気に対する治療法は多岐にわたっております。当科では外科手術はもちろんのこと、血管造影を利用した治療法、腹腔鏡を利用した治療法などを、内科あるいは放射線科と協力しながら患者さんのニーズにお応えできるよう、あらゆる最新の治療法を行っております。さらに難治性の肝疾患に肝移植も導入し、良好な成績が得られております。
 門脈圧亢進症特に食道・胃静脈瘤および脾疾患に対しても、外科的手術はもちろんのこと、内視鏡的治療、血管塞栓療法、腹腔鏡下手術など、あらゆる治療法を患者さんの病態に応じて選択、あるいは組み合わせて行い、良好な成績が得られております。

胆、膵

 胆道系疾患とは、肝臓から十二指腸に至る肝外胆管と胆嚢より発生する疾患です。良性疾患として胆石症、胆嚢炎、胆管炎、悪性疾患として胆嚢癌、胆管癌が主なものです。
 胆石症(胆嚢結石、総胆管結石)に対しては、1991年以来腹腔鏡下手術を行っており、現在まで1,000余例の手術を行い患者さんのQOLに貢献してきました。現在では胆石症手術の90%を腹腔鏡下手術で行っています。また、総胆管結石に対しては、内視鏡による治療(結石の摘出)も行っています。
 胆嚢癌、胆管癌に対しては早期診断、早期治療に努め、個々の患者さんの病態に適した術式を選択しています。また、非手術的治療として胆管ドレナージとステントによる治療を行い、チューブフリーとすることで患者さんのQOLに貢献しています。
 また、膵疾患に関して、主に膵臓の腫瘍(膵癌、嚢胞性膵腫瘍、内分泌腫瘍)と炎症性疾患(急性膵炎、慢性膵炎)の診断治療を行います。膵臓は胃の後にあるため現在でも手術以外には人間の目で見ることはできません。また、膵臓は食物を消化する液(膵液)を分泌する作用(外分泌)と血糖などを調節する作用(内分泌)という二つの働きを持っています。そのため膵臓病はさまざまな症状が出現するうえに、診断が難しく、また手術も複雑なものが多いため、その治療には専門の知識が要求されます。特に、膵癌は年々増加してきていますが、進行癌では治療成績は満足いくものではありません。しかし、治癒しやすいものもあるため、正確な診断と患者さんに一番適した治療を行うことが最も大切です。


上記すべての分野において、我々は数多くの臨床試験に参加し、先進的医療を行っています。