上部消化管グループ

食道グループ

当科における食道疾患治療

食道癌

食道癌に対する腹臥位胸腔鏡下手術を開始して10年を越え、胸腔鏡手術の長所も注意点も明らかとなってきました。再建臓器である胃管作成においても腹腔鏡手術で行い、身体の負担を減らす工夫をしてきました。本手術が従来から行ってきた開胸開腹術と同等の根治性を備えていることの検証を行い、さらに、縫合不全や反回神経麻痺などの術後合併症の軽減に努めてきました。また、2018年度から当院でも本格的に3Dハイビジョンシステムが導入され、この点でもさらに胸腔鏡手術の精緻化が進められると期待しています。

食道癌に対する治療は、低侵襲と機能温存が大きなテーマですので、早期表在癌に対しては内視鏡下粘膜下層切開剥離術を、高度進行癌では根治的化学放射線治療を消化器内科、放射線治療科と連携しながら行っております。一方で、下咽頭癌や喉頭癌などと重複する食道癌に対しては、安全性と根治性そして機能温存から頭頸部外科、形成外科と合同で手術治療を行っています。

食道良性疾患

食道裂孔ヘルニア・逆流性食道炎に対して以前では、プロトンポンプ阻害剤の内服治療が中心でしたが、NARD(非びらん性胃食道逆流症)といった複雑な病態や誤嚥性肺炎を繰り返すGERD(胃食道逆流症)、巨大食道裂孔ヘルニアなど手術治療が必要な患者さんが増えてきました。このような病態に対して、当科では腹腔鏡下食道裂孔ヘルニア修復・逆流防止手術を行っています。

比較的若年者で、嚥下困難や嘔吐などを訴える疾患は、食道アカラシア、びまん性食道痙攣など食道運動機能異常症が考えられます。まず消化器内科での正確な診断が重要です。そして、内科的治療が困難な場合には、腹腔鏡下手術を行います。

食道疾患に対する外科治療においては、今後も高い水準をめざし、徹底した情報の提供と合意による、患者さんが納得の出来る医療を提供していきたいと考えています。

胃グループ

当グループは、胃、十二指腸の疾患を中心に診療にあたっています。胃癌の治療が主ですが、消化管間質腫瘍(ジスト)、潰瘍穿孔による腹膜炎なども扱っています。
胃癌はCommon diseaseではあるものの、患者様の高齢化は年々進んでおり、背景に合併症をもつ症例が増えてきていること、腹腔鏡、内視鏡的治療、抗癌剤治療、放射線治療など治療の選択肢が多岐にわたること、また、上部消化管疾患は手術を問題なく乗り越えたとしても、術後の栄養障害から生活の質が低下する場合が多く、“癌をすべて取り切る”=“もっともよい治療”の図式は必ずしも当てはまらないことから、同じ疾患でも症例ごとに治療方針は異なってきます。
当グループは、近年盛んに行われるようになってきた腹腔鏡下切除を積極的に取り入れております。また、大学病院という特性を生かし、他科とも細やかに連携し、腫瘍に対する治療方針は消化器内科、病理部、放射線科、緩和ケア科含めた詳細な議論により決定され、また、背景にもつ併存疾患についても当該科の専門医に併診してもらいつつ集学的治療を行っております。治癒が難しい症例でも、生活の質や症状を緩和するために外科的治療が貢献できる余地はないか、常に考慮しています。
診療内容は複雑になる一方ですが、なるべくわかりやすい言葉で納得できるまで説明するようスタッフ一同こころがけております。わからないこと、不安なことなどありましたら、なんでも尋ねていただければ幸いです。