下部消化管グループ

大腸グループ

直腸癌手術を短時間で

大腸がんに対する外科治療は,腹腔鏡手術の導入,麻酔法や周術期管理法の進歩などにより根治性(がんを治すこと)を損なわず安全かつ低侵襲(身体的負担が少ない)に行われるようになってきました。しかし,下部直腸がんに対する手術は,骨に囲まれた狭い骨盤腔内での繊細な操作を必要とし,他の部位の大腸がんに比べ手術が難しいとされています。これまでの下部直腸がんに対する手術は,腹腔内から肛門に向かって直腸を直腸間膜(直腸を取り巻きリンパ節を含有する脂肪組織)ごと切除する全直腸間膜切除(Total mesorectal excision: TME)が標準術式とされていますが,腹腔内から操作では狭い術野で手術器具の自由度が低い(動きに制限があること)ことから高度な技術を必要とします。
近年,内視鏡下手術の技術・器具の進歩はめざましく,下部直腸がん手術において,肛門に専用の器具を挿入し,内視鏡下手術の器具を用いて,肛門から腹腔内に向かって全直腸間膜切除(TME)を行う経肛門的全直腸間膜切除(Trananal total mesorectal excision: taTME)という術式が開発されました。本術式は,先述の腹腔内からの手術の困難性を克服し,腹腔鏡下で行う全直腸間膜切除(TME)に比べて,良好な成績が海外をはじめ,日本からも報告されています。また,この手術は,腹腔内からの操作と肛門からの操作を同時進行(2チーム手術)で行えるため手術時間を短縮することができ,より負担の少ない手術術式と言えます。当科では,taTMEを導入しており,適応となる患者様に対して積極的に行っております。

食道癌手術は、襲来の大開胸手術から低侵襲手術(鏡視下手術,内視鏡的粘膜下層剥離術)へ

切らずに治す日帰りの痔核治療 〜ALTA療法について〜

ジオン注とは
硫酸アルミニウムカリウム(Aluminium Potassium Sulfate)とタンニン酸(Tannic Acid)を有効成分とする局所注射用配合剤です。その頭文字をとってALTA療法と呼ばれます。 ○作用機序
硫酸アルミニウムカリウムとタンニン酸が、痔核への血流遮断作用を介して速やかに止血効果を発揮して痔核を縮小させます。また、痔核間質組織への炎症惹起作用により組織線維化を介して粘膜下層や粘膜層を癒着・固定させる作用があります。
○適応
脱出を伴う内痔核、出血を伴う内痔核
○特性
・内痔核の脱出および出血を早期に消失させる
・切除に比べて治療後の痛みや出血などの頻度が低い
・入院の必要がなく、早期社会復帰が可能
・再発しても追加治療ができる
○投与法
ALTA療法に際しては、Z式肛門鏡とジオン針の使用が必要となります。Z式肛門鏡は注射器の使用に、ジオン針は直腸筋層内への誤注入防止に役立ちます。
○合併症について
発熱、血圧低下、直腸狭窄、直腸潰瘍、直腸筋層壊死、前立腺炎など
○当院でのALTA療法
外来における日帰り治療を行っています。

混合型の食道裂孔ヘルニアは高齢化に伴い増加している

日本医科大学付属病院

山田岳史 准教授
小泉岐博 講師
進士誠一 病院講師
松田明久 病院講師
太田 竜 助教
高橋吾郎 助教
原 敬介 助教
堀田正啓 大学院生
武田幸樹 大学院生
黒田誠司 大学院生
上田康二 大学院生
栗山 翔 大学院生

日本医科大学多摩永山病院

丸山 弘 講師
岩井拓磨 助教
吉岡将史 助教

日本医科大学千葉北総病院

鈴木英之 病院教授
瀬谷知子 講師
松本智司 講師
篠塚恵理子 助教
関口久美子 助教

日本医科大学武蔵小杉病院

横山康行 助教
豊田哲鎬 大学院生