先輩医局員からメッセージ

「外科においで」

犬飼 惇(平成28年度入局)

消化器外科の入局を考えている研修医の先生方へ

「外科においで」

皆さんは外科にどのようなイメージを持っているでしょうか?
勤務状況はブラック企業並かそれ以上、手術中は厳しくて怖い、いつも叱られてばっか・・・。
あまりいいイメージはないかもしれません。
では、生涯携わる診療科に、勤務時間、給与、やりがい、達成感、将来設計など、皆さんは何を求めるでしょうか?
私は「命と人と心から向き合える診療科」として、外科を選びました。
外科は体育会気質で、3K・4K(危険・キツイ・汚い・・・など)とネガティブなイメージが私もありましたが、そのようなイメージを払拭するほど外科は魅力的な診療科と感じています。
一般的に、研修医では執刀医として経験できることが少ないため、外科の魅力を感じることはあまりないかもしれません。
私も真の意味で、外科に入ってよかったと思えたのは、つい最近でした。
執刀させて頂いた患者さんが元気に退院した時、患者さんと家族同様のつながりを感じる時、手術手技が成長した時、厳しくも指導してくださる先生方の愛情を感じる時、初めて外科医としての自覚が芽生え、仕事が楽しいと思えています。

 

もし診療科を迷っているなら、「外科においで」。

私は、日本医科大学を卒業した後、2年間さいたま市立病院で初期臨床研修を行い、母校の消化器外科に入局しました。
市中病院での研修を選んだのは、一度母校以外の医局や外科を見たかったからです。
他大学には、初年度から外病院を一年毎に回る医局もありますが、初めて見る手技や手術方法に関しては、洗練された型を何度も見ることは大事だと思います。

日本医科大学の消化器外科は教育的な指導も含めて、何より愛情を感じる医局でもあります。将来一緒に仕事ができることを医局員一同心からお待ちしています。

「お前なら大丈夫」と言葉をかけて頂いた先生の存在が大きかったです。

大野 崇(平成28年度入局)

消化器外科を選んだ理由

もともと父の影響で、消化器外科に興味がありましたが、研修医の間も何科に入局するか迷っていました。
最終的には手術が好き、というのが一番の理由ですが、他にも内視鏡、化学療法など患者さんに対して自分が介入できることが多い、というのが消化器外科の魅力だと思います。
厳しい、一人前になるのが遅い、と外科を敬遠する気持ちもよく分かりますが、その分、医師として習得できることも沢山あるのではないでしょうか。

大野崇

当科消化器外科を選んだ理由

飲み会が楽しかったから・・・というのはあくまでも理由の一つです(笑)
研修医で外科をローテートした際に感じたアットホームな雰囲気に惹かれました。
他の病院の外科に比べてとても和やかで、面倒見のよい先生ばかりでした。
私が進路に迷っていた際に、優しく「お前なら大丈夫」と言葉をかけて頂いた先生の存在が大きかったです。

入局後研修体制はどうであったか?

大学病院の中では若手に回ってくる手術件数は多いと思います。
2カ月ごと各班をローテートしながら、素晴らしい先生方の丁寧なご指導を頂いており、とても貴重な経験をさせてもらっています。
また、手術だけでなく、学会発表や論文などアカデミックな面でも教育体制が充実しています。
幸いなことに同期の仲間にも恵まれ、和気あいあいと過ごしています。

大野崇

大丈夫。少し忙しいときもあるけどやりがいがあって充実しているよ。

岡本浩和(平成29年度入局)

初期臨床研修医の皆様、はじめまして、平成27年卒業の岡本浩和と申します。

魅力的な分野が多く、2年間という短い時間で将来の進路を選ぶのは簡単な事ではないと思います。
そんな中、消化器外科、ひいては日本医科大学消化器外科教室に少しでも興味を持って頂き、本当にありがたく感じています。

そもそも、学生時代は消化器外科の道へ進むとは思ってもいませんでした。
そんな自分がなぜ消化器外科を志したかといえば、患者さんにより近づいている分野だと感じたからです。

検査からはじまり、手術や化学療法など、周術期管理や急変時の集中治療、そして、退院後のフォローアップ、終末期医療までの長い期間、患者さんと共に歩んでいけるのは消化器外科ならではと考えています。

当院の消化器外科では手術は勿論、自分たちの手で高度な検査や化学療法なども積極的に行い、内科・外科の垣根を超えた幅広い医療に従事することが出来ます。
手術に関してもレベルが高く、特に腹腔鏡下の手術に置いては技術認定医を取得の先生が多く、最先端の手術手技を学ぶことが出来ます。
専修医が執刀させて頂く機会も少なくありません。
また大学病院として一般疾患のみならず難病も含め多くの疾患に触れることが出来、治療だけでなく研究、教育にも力を入れています。

当科の後期研修では上部消化管(食道・胃)、肝・胆・膵領域、下部消化管、乳腺科、小児外科、心臓血管外科を2年かけてローテーションし、先輩方が優しく、時に厳しく指導してくださります。
一見、学ぶ時間が長く、独り立ちが遅れるのではと考える方もいると思いますが、基本をしっかり学んだ後に外へと出ることは長所であると感じています。

浪人を終え、ただただ遊ぶことしか考えていなかった自分が、8年後に消化器外科医として仕事をしていることを知れば、心配するに違いありません。
私は「大丈夫。少し忙しいときもあるけどやりがいがあって充実しているよ。」と答えると思います。
そして10年後、20年後、もっと先、今の自分に「外科医になってよかった。」と胸を張って言えるように精進していきたいと考えています。

漠然とdynamicな仕事をしたいと考えていました。

小森啓正(平成29年度入局)

消化器外科を選んだ理由

医師になりたいと思い、医学部を目指すようになった頃から、漠然とdynamicな仕事をしたいと考えていました。
実際に医師となり一年目の研修でローテートした中で、特に興味を持ったのが循環器内科と消化器外科でした。
二年目に両方とも再度ローテートして消化器外科の手術が特に面白く、消化器外科を選びました。消化器外科は手術の他に内視鏡や化学療法、内科的治療などカバーする範囲も広く、患者さんが治るのを実感できることも大きな魅力と感じました。

小森啓正

当院消化器外科を選んだ理由

小森啓正私は日本医科大学卒業後、当院で研修したため自然と当院の中で科を決めようと考えました。
他の科で知り合った先生方に気軽に聞きやすく、各科の垣根が低いのが日本医大の特徴だと思います。
研修医で消化器外科をローテートした時に仲良くなった先輩方も多く、医局の雰囲気も働きやすい環境で若手医師にもチャンスを与えてくださる医局であり、母校の消化器外科入局を決めました。

入局後の研修体制

最初は忙しく、大変なことも多いですが、医局の先生方はそれを理解してくださっています。
術前術後の管理や医学的な知識・手技はもちろんですが、病院のシステムや電子カルテのオーダーの仕方、当直の注意など事細かに教えて頂けます。
各臓器を2ヶ月ごとにローテーションするため、集中的に学ぶことができ、系統立った知識が身に付きます。
真面目な話もしますが時に冗談を言ったり、また、熱く議論したりする良い雰囲気の中働くことが出来ています。
新入医局員にも手厚いフォローがあり、とても助かっています。