資格取得(先輩医局員の軌跡)

日本内視鏡外科学会 技術認定医
取得までの道のり

高橋吾郎(平成17年卒)

イメージ 私は平成17年に日本医科大学を卒業後、日本医科大学付属病院で初期研修医を行い、平成19年4月に日本医科大学第一外科(現、消化器外科)に入局しました。学生時代から外科系診療科の医師になることは決めていましたが、どこの医局に入局するかは最後まで迷いました。入局の決め手になったのは、外科にローテーションしている時に、末期膵臓がんの患者さんに対して、最期になんとか食事を食べさせてやろうと悪戦苦闘している指導医の“医師としての姿勢”でした。消化器外科の最大の魅力は、なんと言っても自分の技術で患者さんに再び食事の喜びを味わってもらうことができることだと思っています。

 

一人前の消化器外科医になるためには、厳しい修練が待ち受けています。決して楽しいことだけでは無く、辛いことも多々あります。しかも、時間がかかります。しかし、長く厳しい修練の末、出来なかったことが出来るようになる喜びは何ごとにも代えられません。早く一人前になりたいからといって、本当にやりたいことを諦めて、目の前の山を避けることは本当にもったいないと思います。人生は一度しかありません。だったら、目の前の高い山に一緒に登りませんか?日本医科大学消化器外科には、多くの仲間とともに厳しいながらも楽しく修練し、一人前の外科医を育てる環境とノウハウが揃っています。

イメージ

消化器外科医・肝胆膵外科医
としての
ステップアップ

青木 悠人(平成21年卒)

私は、日本医科大学 消化器外科教室に所属し、現在は日本医科大学千葉北総病院 外科・消化器外科に勤務しています。2009年に日本医科大学を卒業し、日本医科大学千葉北総病院での初期臨床研修を経て、2011年に日本医科大学 消化器外科に入局しました。消化器外科というのは、食道・胃・大腸・肝・胆・膵といった各種消化器癌の外科治療がメインとなる診療科です。研修医になるまでは癌(悪性疾患)にはほとんど興味がありませんでしたが、初期研修で消化器外科をローテーションした際に、癌の診断、もちろん外科手術、そして化学療法から緩和治療まで、患者さんに向き合い、寄り添い、一緒に歩んでいこうとしている先輩方の姿勢に憧れ、また消化器癌という疾患に興味を持ち、消化器外科に進もうと決めました。
イメージ 入局後は2年間専修医として日本医科大学付属病院 消化器外科で研修し、その後2年間国立がん研究センター中央病院の外科レジデントとして学ぶ機会をいただき、消化器外科や癌治療に関する知識・姿勢を更に知ることができました。卒後7年目以降は学位取得(卒後10年目に学位取得)のための研究を行い、臨床では肝胆膵グループに所属し、主として肝胆膵癌の外科治療にあたっています。
消化器外科医として取得すべき専門資格としては、外科専門医、消化器外科専門医、消化器病専門医などがありますが、当医局の専門研修で問題なく取得可能でした。今後は、肝胆膵外科医と取得すべき資格である肝胆膵外科高度技能専門医、日本内視鏡外科学会技術認定を取得するために症例を積み重ねております。
消化器外科、他の診療科と比較すると、いわゆる「一人前の医師」になるまでに時間のかかる分野です。しかし、これから医師として約40年間働くことになるのに、そう簡単に到達できるゴールでは面白くないではありませんか!やるからには高い目標をたてましょう。日本医科大学消化器外科にはその目標に導いてくれる先輩と、ともに努力していく仲間がたくさんいます。患者さんと向き合い、切磋琢磨していく、熱い想いをもった皆さんが仲間に加わってくれることを待っています。  

イメージ

重要な経験を
サポートしてくれる土壌が
この医局にはあります

高野竜太朗(平成24年卒)

イメージ

平成24年に日本医科大学を卒業し、市中病院で初期研修後、後期研修医として入局しました。初期研修ではとにかく‘習うより慣れろ’の精神でがむしゃらに臨床の荒波をカブっておりましたが、感じたのは、腹痛で受診する患者さんのなんと多いことか!しかも補液のみで腹痛がなぜか改善することもあれば、手術をしなければ命を落とす患者さんも紛れてやってくるという難しさ。日常的で身近だけども深遠な「腹部」というBLACK BOXにいつしか惹かれている自分がいました。「デキる外科医に、俺はなる」と後期研修先を複数見学しましたが、高難度手術と、研究で切磋琢磨する環境のある大学病院で、若手医師には段階を踏みつつ執刀機会を積極的に与えるという理念を持つ環境を探したところ、自ずと日本医大消化器外科の門を叩いておりました。

入局後は大学病院と関連病院でみっちりと、思い描いた通り以上の研鑽を積むことが出来ました。卒後9年目で大学院に進学し、現在は消化器外科吉田教授、日本医科大学先端医学研究所岩井教授の御指導のもと、免疫チェックポイントに関する研究を行っています。漠然と進んだ道でしたが、実験や研究は興味深く、「どうしてだろうか」と文献に当たり自分で考える習慣を身につけることで、いつしか臨床現場での考え方や関わり方も良い方向に変化して来ました。これは一般的な大学病院では考えられないほどの十分な症例数で、これまで促成栽培の如く伸ばしてもらった外科医としての木の幹が、一回り太くなりつつある過程なのかもしれません。そんな重要な経験をサポートしてくれる土壌がこの医局にはあると実感しています。

若手外科医の豊富な症例数、高度技能医や技術認定医などの専門資格取得までの指導など、外科医の育成環境に魅力を感じ、当医局には私のように他院で初期研修を積んだ先生や、他大学出身の先生も多数集まっています。各々の志が実を結ぶ場所です。まずは見学へいらして下さい。楽しみにしています!

イメージ